イーネオヤを習う その11

/ 2月 8, 2015/ HandiCraftROOM, イーネオヤ/ 0 comments

イーネオヤ教本を無事終了しました~
一応、本に載っている作品は全部作りました!というか作れるようになりました
出来は置いておいてですが

なので、次のSTEPへGO!

というわけで、イーネダンテルです

イーネ=縫い針
ダンテル=レース編み

つまり、イーネダンテルとは縫い針1本でつくるレース編みのこと

最初に、コレをやろうと思ったきっかけは越前屋さんで、今習っている先生のイーネダンテル作品を見たからでした
(越前屋さんでも教室やってます)

佐賀錦(絹糸)を使った繊細な作品を
「うわああああ、すごい」
と、ただただ眺めてしまいました

どうにか、ここまでやってきたのです(`・ω・´)

がんばるよー
目が生きてる限りね…

最初のモチーフにチャレンジです
(途中です)
なぜか、先生のお手本の1.5倍くらいの直径なってます(;´Д`)
同じ糸なのにぃぃ
とりあえず、初めて作品なので仕上げることを目標にしていますが・・・
出来がひどくて、我ながらびっくりしますww
これをやっているとすごく初心に帰るというか、初めてかぎ針を持った日を思い出します
小学校三年生の時に、母から習いながら、赤いマフラーを編みました
ガッタガタですよ!目が増えたり、減ったり、編み目も一定ではないし、ところどころ母が編んだところがよくわかるってやつです
あまりにもヒドイ出来だったと思いますが、最後まで編んでちゃんとフリンジもつけてマフラーになりました
最初のかぎ針作品がひどかったので、その後棒針に移るという、根性なしぶりでしたがが、なぜか今もかぎ針がメインです
でもね、そんなヒドイ編み目もたくさんやってるうちに、「いつ、どこで編んでも」同じゲージで編めるようになるんです!すごいでしょ!
これから始めてみようと思う方や、最近始めた方も、最初に出来たものが「えー(;´Д`)」なものでも、どうぞ諦めずに続けて下さいね~
継続は力なり
なんの話だっけ?

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。