夏用マスク試作

/ 7月 27, 2020/ HandiCraftROOM, LACE WORK, OTHER/ 0 comments

あんまりちゃんと写真とかも撮っていなかったんですが、今回は写真を撮ってみたのでUPします。
百合子さま風マスク、立体プリーツマスクと作ってきて、個人的には立体プリーツが一番作りやすいので、好きなのですが、使用布分量が多いので暑い?
ということで夏用マスクを作ってみることに。

デザインとして「西村大臣風マスク」が涼しいらしいというウワサを耳にしたので、こちらを作ってみることにしました。
参考にしたいくつかの型紙を変形したり、作り方変えたりとかイロイロ試行錯誤で4パターンくらい。
生地も夏用がいいだろうと、高島ちぢみと麻を用意。

夏用マスクの試作① 裏地:高島ちぢみ、表地:麻、サイドは長襦袢を作ったときの端布(絹)


見た目涼やかです。
口に直接触らない立体成型なのもGOOD。
ダブルガーゼよりはいいかな?ちょっと

表地が麻だとしっかり形ができるのも良いかなと思いました。

夏用マスク試作② 表地、裏地ともに高島ちぢみ

真っ白でつまらないので、ワンポイントでタティングのモチーフをつけてみました。
手間が無駄にかかってますw

作り方、型紙とも①とは変えています。
こちらの方がラクチン。
サイズの調整が必要。

どちらにせよ、ミシンの修行が必要だなぁと思いながらミシン走らせてるので、縫い目がひどいです。
修練あるのみっ。がんばります。

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。