イーネオヤって何?

イーネオヤ iğne oya

トルコの刺繍とかトルコのレース編みという説明が一般的です。

イーネ=針

オヤ=縁飾り

の意味なので、「ぬい針で作る縁飾り」のことを指します

刺繍というと布に糸を使って画を描いていくものをイメージしますので、それを思うとイーネオヤはちょっと違う。
編み物?って言われてもちょっとピンとこない。(この一番の理由、糸を短く切って使うところかも)
じゃあ何?って言うと説明するのが難しくて、えーっとこういうのモノって本物を見せて説明しています

同じようなニードルワークはヨーロッパの至る所にあり、どこも「ウチが起源」って言うのでそこら辺はどうなんでしょうかね?

イーネダンテル iğne dantel

ダンテル=刺繍。

縁を飾らないトルコのニードルワークです。
技法は基本的にはほぼ同じ。(ちょっと違うこともあったりなかったり)
小さいものから大きいものまでイロイロあるみたい。
編み目は細かいので大きな作品は時間がかかります。
太い糸で大きく編む物もありますが、編み物のようには太い糸は使いません。