何を編む?その2

何を編もう?

「あみもの」と一口に言っても、色々な「あみもの」があります。
先ほどの明確な目標があれば、その技術を段階的に学べるものを編んでいくのがよいかな?と思います。

かぎ針と棒針

まずはコレ「どちらをやりますか?」

どちらが簡単ということはありません。
それぞれに特徴があります。
どちらも出来ることにこしたことはありませんが、最初から両方はできません!

なので、どちらか決めて最初の作品にとりかかりましょう。

かぎ針

その名の通り「鉤」のついた棒1本で編みすすめていくものです。
最大の利点は「かぎ針1本あれば良い」ということです。他の道具がなくてもなんとかなります。

できあがりはこんな感じになります。

特徴 by wikipedia

  • 透かし模様は編みやすいが、配色模様は編みにくい。
  • 棒針編みと比べて、編地の伸縮性が非常に少ない
  • 立体的なものを編むのが比較的容易である。

棒針